スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝ったらいただく予定 

サブタイトルにもあるように、わたしは北海道はおろか伊豆七島ですら海の外には一度も行ったことがありません。でも夢は大きく、いつかは行ってみたいなと思っている場所はたくさんあります。4人の娘を産んで育てて、仕事を持って、趣味を持って暮らしているうちに、時間もお金もけむりのように消えてしまうので、ひょっとすると、霊魂だけの状態になったとき初めて自由に旅することができるようになるのかもしれません。死後の楽しみでもまぁいいや、生きてるうちの予習もまた楽しみなり。

行ってみたい場所のひとつに雲南省の麗江があります。雲南省少数民族納西(ナシ)族に伝わるトンパ文字の研究所「トンパ文化研究所」で、本物を味わってみたい。このトンパ文字というのは、納西族伝承の象形文字で、なんとも言えないぬくもりのある字(絵)。旅チャンネルで見てすっかり好きになってしまいました。放送内の「万物に神宿るという精神性が表されたもの」だという説明の通り、そのひとつひとつから素直な心が曲がることなく伝わってきます。

昨夜はこのトンバ文字をネットで調べているうちに素敵なHPを発見しました。放浪の写真家 青柳健二さんのHP電網写真館 アジアフォトネットです。コンテンツ豊富で、わたしが行ってみたいと思っている場所がてんこ盛り。夢がふくらみます。

まだ暑かった日、新宿のフルーツTAKANOの上にあるギャラリーで「悠久への視線~中国貴州」の展示を拝見しました。中国在住の写真家・陳衛中氏も棚田の写真を展示されていて、そのとき初めて「中国にも棚田があるんだ!」と知りました。まだ一度も見たことがないくせに「郷愁」を呼び覚まさせる棚田の写真。不思議です。

今、わたし、賭けをふたつしていまして(他人様が聞いたら呆れてしまうような小さなもの)自分が勝ったらなにをいただこうかと悩んでいましたが、閃きました。青柳さんの写真集を買っていただきます♪

スポンサーサイト

Comments

麗江ですか

僕も今月友達二人と麗江に行く予定を立てましたが、その一人が急に都合が悪くなったため、行けなくなってしまいました。

中国人ならだいたい麗江古城や玉竜雪山を見たがると思いますが、トンパ文字を研究しに行くのは感心されますね。ぜひ中国へいらっしゃい!

飛んでいきたいくらい

蒸し餃子さん、こんばんは。

今宵はクリスマスイブ。いかがお過ごしでしょうか。わたしは料理に明け暮れ、その上来客の接待にもうへとへとです。クリスマスは来年から取りやめにしてほしい。

麗江に今すぐ飛んでいってしばらく静かに過ごしてみたい。古城や玉竜雪山のことは知らなかったけれど、是非訪れてみたいもの。蒸し餃子さんとお友だちは、やはり名所めぐりのための旅行だったのですか?それともなにか他にも素敵な場所があるのでしょうか。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://qingsong0209.blog21.fc2.com/tb.php/7-06dcb80b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。