スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年会を終えて 

こけつまろびつ、ようやく開催にこぎ着けた張勝二胡教室合同新年会。子どもを含む47名が集い、まったりとしたひとときを過ごしました。上手に弾けた人もこけちゃった人もいましたが、みなさん人前で演奏を披露する機会の少ない面々です。少しのプレッシャーが腕前をあげるきっかけとなり、また人前で恥をかくという経験が、肝を太らせる(心臓に毛を生やす?)修行の一環となれば幸いです。

お名前や二胡歴、そして実際に演奏を聴かせていただいていると、本当にひとそれぞれです。今回は「どうして二胡を習っているのですか?」ということまではうかがえなかったのですが、実はみなさんに質問してみたい事柄でした。大人になってから始めるこの趣味、全くの遊びということだけではどうにもこうにも厳しいものです(練習しないと弾けるようになりませんので)。動機を考えてみると、老化予防、とか(笑)、つらい人生経験を癒したい、とか、喜びをみんなで分かち合いたい、とか、一芸を持ちたい、とか、その人その人の生き方のようなものが透かし見えてくる気がします。そこが味わい深いところ。テクニック重視、音楽家のタマゴ、そういう「上手さ」ではなく、弾く人それぞれの人生経験が一瞬でも垣間見られると、音楽がより一層胸に響いてきます。異業種・異年齢、そして国籍も関係なく、ただ「二胡が好き」ということだけが共通項の我々には、他の人たちに比べ、より一層深い部分に響いてくるのではないでしょうか。

さて、事前にわたしをナーバスにさせていた例の「客単価をあげてくれ」という店側の要求ですが、マネージャーの郷さんはやはりプロ。結局会費を引き上げることなく、そのままの予算で采配してくださいました。引き受けた以上はベストを尽くすという姿勢を崩さず最高のサービスをしてくださり、宴のさなか、何度も様子を見に来てくださっていたそう。わたしは進行役と撮影役にバタバタしており、そんな郷さんのあたたかい視線に気がつくことなく過ごしてしまいましたが、帰り際あいさつにうかがうと、成功を喜び「またいらっしゃい!」と満面の笑顔で送り出してくださいました。

よかったよかったほんとによかった。

実際にはきっと「よくなかった」点も多々あったと思うのですが、それは11月1日(土)の発表会に向けて改善し、同門のみなさまの笑顔がもっとたくさんみられるように努力していきたいと思います。

スポンサーサイト

名幹事への遠い道のり 

新年会は中華街の中でも名の知られた店でやることになっており、180人を収容できるパーティールームを借りて、前半2時間を演奏会に、後半2時間を食事飲み放題付きの懇親タイム、老師の演奏と全員での大合奏で締めるという構成。子どもを入れて47人。正面に作られたステージを、6卓の丸いテーブルで囲む。

楽しそうだ。
しかし、問題あり。

もちろんわたしサイドにはなんの異論もない。すでに会費も事前に預かっており、持ち物やプログラム、地図など、詳細の記されたお手紙も発送できているし、あとは当日に向けて席順を考えたり、名札を手作りしたり、司会のための簡単な台本を考えておくくらい。強いて言えば自分の練習が足りないことが一番困った問題。この最終的な打ち合わせの意味は、会場を自分の目で確認したり、備品をチェックしたりするためだった。

ところが、店サイドからはこの期に及んでブーブー文句が。

50人くらいは来ると思っていたのに、47人か。
4時間も使うのにか。
もうちょっと客単価を上げられないのか。

おそらく

1.宴会担当の人が安請け合いで予約を入れてしまったのに、他の利ざやの大きそうな団体が同じ時間帯をあとから希望してきてくやしかった。

2.途中に経過連絡を入れた際、電話に出た人間が担当者じゃなかったため、うまく情報がつたわっておらず、様々な条件を勘違いしたまま記録。あとから支配人に怒られた。

などの理由があったのかなぁと推測。なんだか大変ゴネられました。こちらにはこちらの言い分が、あちらにはあちらの言い分があるものですが、わたしの最終的な目的は「新年会の成功」。支配人のいる前で宴会マネージャーの落ち度を指摘して恥をかかせることよりも、自分がうっかりしていたことにして、あとでボス同士「部下がすみませんでしたなぁ、まぁこれからもひとつよろしく~」的な終わり方にしてもらってメデタシメデタシで逃げ切りたい。

もともと中華街はあまり好きではないんだけど(商魂たくましいところがまぶしすぎて)11日はかなり悲しい気持ちで、寄り道をためらうくらい落ち込んでしまった。それでも主婦なので、つい通りすがりの店で「あひるの塩卵」と平べったい春雨を購入。少し気分が変わったので茗香閣でお茶を飲んで帰ることにした。龍井茶を注文。前回と同じように親切にお茶のことをいろいろ教えてくださり、岩茶「花茗」の味見もさせてくださった。何煎かのお茶とスタッフの優しい心配りで、こんがらがってしまった感情も柔らかくほどけ、あと少し(新年会は27日です)有終の美を飾るべく頑張ろうと思えました。

わたしは社会経験があまり豊富ではなく、今になって勉強しなくてはならないことが本当にたくさんあるものだなぁ、ありすぎるなぁと心細く思います。あっちへいってごっつんこ、こっちへいってごっつんこ。いろんなことが上手にできなくて悲しい。でも逃げてばかりではどうにもなりません。負けませぬ、勝てなくても。

20070111

春節もかけた新年会に向けて 

去秋あたりから、むすめ二人とわたしがお世話になっている二胡教室(サークルとは別)のみなさんで老師を囲み、「新年会」をやろうという話が出始めた。「いいですね!」と明るくあいづちをうったところ、すぐに幹事を言いつかってしまい…。不慣れなため、スマートとは無縁の段取り方でよろよろと、ようやく日本の正月と中国の春節の間くらいに実行できそう。

この1ヶ月ほど体調をずっと崩しているので道中が少し心配だけど、明日は中華街に出向いて最終的な打ち合わせをしなければならない。

いつだったか担当の人と電話で話しているとき、送信するFAXの宛名にどなたと書いたらよいですか?と聞くと「ゴウ」ですと教えてくれた。わたしは「呉」かと思って「クレ」という字ですか?と重ねて尋ねると、「ゴウはシャン」ですという返事。ちょうどその前日受けた授業で「郷土(シャントゥ」の読み方を習ったばかりだったのですぐにわかり、もう会は成功したかに思えるほどの喜びを一瞬味わった。

まだ成功していないし、やらなくっちゃいけないことてんこ盛り。でもホントにうれしかったな。気持ちも言葉も通じるとうれしいものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。