スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほのぼのと 

忙しさもひと段落。

ワンコの話でもいたしましょうか。2006年春から我が家には二匹のワンコがやってきました。

★茶色い方は現在22キログラム。2ヶ月半で我が家の一員になりました。
   ラブラドール2分の1/琉球犬4分の1/ゴールデン4分の1のMIXさんです。
   ( ゴールデン/ラブMIXがお父さん・琉球犬/ラブMIXがお母さん)

★黒い方は現在10キログラム。
    シュナウザーとプードルのMIXさんです。4ヶ月の時我が家の一員になりました。
    (灰色のシュナが父さん、アプリコットのトイプードルが母さん)

両方とも里親募集しているのを見つけて応募し、元の飼い主さん(実家)のいわゆる「テスト」をパスして、里子として迎え入れることができました。この「テスト」、容姿や難問を解くテストなんかではもちろんなく、人格を少々問われるテストです。両方のワンコとも人気が殺到していたので競争率が高く、わたしたち母娘は「ダメモト」で相手方のお宅に伺ったり、我が家に招いたり気楽にしていました。どうせ駄目よね、うちはかちっかちっとしていないしなんにでもアバウトだし無理よね~と。でもなにかのイタズラで我が家に両方ともいただけることに。もちろん「犬と家族になりたいぞ!」と思って決意固く申し込んでいたのですが、あっさりと「いいよ♪」とOKが出てびっくり。

もともとわたしには4人の娘がいて、ネコがいて、ちょっぴりムツゴロウさんの気持ちがわかるような生活をしていましたが、そこに暴れん坊の子犬が加わって一時期は「なんだか乳飲み子を抱えたママに逆戻りしちゃったみたい」というくらいの忙しさでした。

季節はめぐり、もうじき桜咲く春。

すっかり黒い方(ラピュタ滅びの呪文「バルス!」という名)も茶色い方(お母さんも沖縄系の名前なのでそれにちなんで「なびぃ」という名)も成長しました。室内飼いなので、犬も人間も徐々に互いのルールを理解するようになり、随分暮らしやすくなりました。

抜け毛問題以外は無問題。抜け毛は…本当に困ったものです。どこかでわたしやむすめたちを見かけて死角になびぃの抜け毛が張り付いていたら優しく「コロコロ」してください。

                  

続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。